COMMENT

(住宅誌インタビューより)

二人目の妊娠がわかり、今後の子育てを考えると1LDKの賃貸マンションでは手狭。家を持つことを真剣に考え始めた。「欲しかったのは自然素材のシンプルな木の家です」とTさん。建売住宅や展示場をいくつか見学してみたが、希望する家のイメージと違い、踏み切れなかった。「そんな時、近くの建築現場で雰囲気的にはまる家があり、気になるので直接その建築会社へ相談に行きました」

とりあえずと言う気持ちで施工例を見学したが、無垢材や間仕切りのない空間に惹かれ、ここならイメージに合いそうと土地探しも含めて依頼した。その際希望したのは、余裕のある広い土地であること。その理由を「実家では季節ごとに違う花や木の匂いに囲まれていたので、庭のある家で子育てしたかったんです」と妻。

100坪超の土地が見つかり、完成したのは窓が多く、外とつながる開放感たっぷりの家。「玄関から入るよりもキッチンの勝手口を使う方が多いかな」と夫婦そろって笑う。というのもキッチンの床が土間になっているので土足で入れるからだ。リビングは土間から一段上がる設計。床は杉の無垢材。壁は珪藻土の塗り壁と自然素材にこだわった。南側には全面に大きな窓。2階につながる階段は上部が吹抜けになっており、ハイサイドライトから光がこぼれ、気持ちの良い空間が広がる。

2階に上がると広々としたホールと寝室。ホールは子ども達の遊び場になっており、「吹抜けのおかげで家全体に一体感があります。子ども達がどこにいてもおしゃべりできるのがいいですね」と妻。引っ越してきて早々に広い庭にカエデやモミジを植栽。伸び伸び育つ子ども達の成長と共に、庭木の成長も夫婦の楽しみになっている。

 

DATA

敷地面積:104.98坪(347.74㎡)/ 延床面積:27.30坪(90.47㎡)/ 構  造:プレカット在来工法 / 設  計:石田文子二級建築士 / 所  在:仙台市青葉区

PHOTO DATA