COMMENT

(住宅誌インタビューより)

家づくりに使用する素材はもちろん、日々の暮らしに必要なエネルギーにも自然の恵みを活用する建築工房零の家づくり。Oさん邸では正方形に近い敷地に斜めに建物を配置して、各居室に陽の明るさと暖かさ、そして風の涼しさを受ける間取りを提案している。南側の庭スペースを広く設け、Oさんが近い将来に予定している家庭菜園から緑の涼しさを得ることも考慮したプランニングだ。 「丁寧に私たちの希望をくみ取ってくれる姿勢とコストも明確だった点にも好感が持てた」とOさん。以前の住まいの部材を活用したり、階段脇のマグネットボード、造作の収納棚や可変性を持たせた子ども室など、「希望がいたるところに反映された」とO様が満足の家づくりを語ってくれた。

DATA

敷地面積:114.47坪(379.19㎡)/ 延床面積:36.00坪(119.24㎡)/ 構  造:手刻みによる木組み / 設  計:小野幸助一級建築士 / 所  在:遠田群美里町

PHOTO DATA