fbpx

ZERO STAFF BLOG

2020.04.19暮らし

“これからのおうち時間”を考えてみる

平山 桃子

緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されてからはじめての日曜日。いかがお過ごしでしょうか。仙台利府支店の平山です。

零でも可能な限り在宅勤務に切り替える方針で、私もここ2日間は家で仕事をしています(おかげさまで人との接触を10割減らすことに成功しました)。入社以来、通常の業務時間内に事務所に頂くお電話やお客様の対応しない(できない)ことが初めてで逆に落ち着きません……(笑)

学校での授業や職場でのお仕事、休日のお出かけも、これまで通りにはいかない、そんな場面に直面することの多い昨今。ついこの間まで「当たり前」だと思っていたことに疑問を感じる機会でもありますね。

「仕事をするには全ての人が車や電車に乗って職場に行かなくてはいけない」とか、「人と話すときは対面が一番! ウェブ会議なんて難しそうだし意思の疎通ができなんじゃない」とか。

仕事に限らず、「今住んでいる家や環境は本当にこれでいいのかな?」だったり、いつでも帰れると思っていた実家も実はそうではなかったり。家にいる時間が長いぶん、普段はなかなか思いの及ばないことにも考えを巡らせますね。

どんな家に住みたいか、そこで誰と・どんなことをしたいのか、様々な制限がある今だからこそ「したい!」がはっきり見えてくるのかもしれません。ぜひ、ご家族で(若しくはおひとりでじっくり)考えてみてはいかがでしょうか。

零ではおうちでWEB個別相談会すまいの設計塾2020シリーズ 「夏も冬も快適に!断熱と暮らし」のライブ配信をご用意しています。SNSでは「#零の家」のハッシュタグを検索すると、零の家のすまい手さんのお家での過ごし方をシェアしてくださっています。これからのおうち時間を考える材料としてぜひご活用ください。

とはいえ、「いつも通り」を保てることはいつも通りに。利府町に今夏オープン予定の十符の杜展示場の工事も着々と進んでいます。展示場では零の世界観やご提案したいくらしをお見せできるよう準備中です!

HPのお問合せフォームやSUUMOさんなど、ウェブからの資料のご請求にも順次対応しておりますので、巣ごもりのお供にいかがでしょうか。お待ちしております!

事務所のお掃除もいつも通りに。裏の公園の桜が散ってしまったので、花びらを集めたハートをお届けします。

桜に笹の葉が混じっていますが、これも「当たり前」の逆で、春に枯れる植物ですね。