ZERO STAFF BLOG

2019.08.19住まいのお手入れ家づくり暮らし青森設計室

「今年の夏休みの出来事@青森」

福井 素子

中古戸建購入~改修~DIY 「今年の夏休みの出来事@青森」
 
お盆も過ぎ、夏休みもそろそろ終わりですね。
暑さはまだまだ続きそうですが。。。
 
 「家族のこれから」を考えてお父さんお母さんは一大決心をして中古戸建を購入されました。売主さんが大事に住まわれていたこともあり、築20年のお住まいはそのまま住める状態でしたが、雨漏りの跡なども見受けられたので調査・補修をして「瑕疵保険」に加入しました。
 
 「木の家」がいいなー、と当初からお話を頂いていましたので、一番触れることの多い「床」を青森県産の無垢の杉材としました。やんちゃ盛りの子供達もいるので腰壁も杉板へ。出来上がった後は写真の通りです。裸足でゴロゴロ、です!気持ち良い場所は引き寄せられるんでしょうか、夏でもサラサラな無垢の杉床はこうなっちゃいますね(笑)私も一緒にやりたいくらいです。
 
 せっかくの夏休みなのでご家族DIYで色々やってみましょー、とご提案。杉板のクリア塗装(リボス社製)と壁のホタテ漆喰(青森のエスパスさんが作ってます)をDIYすることになりました。他にもお庭のフェンスなどもあります。
 いざ始めると、なかなか思うようにはいかなかったりするのですが、やりながら工夫しつつ進めていきます。「やっぱり職人さんに頼めば良かったかもー!」が終わる頃には充実感に変わっていきます。職人さんがやった方が綺麗に早く効率よくできますが、DIYをすることで驚きと発見、ものづくりの大変さと楽しさを味わえます。お子さん達には職業体験的な一面もありますね(将来の職人さんのきっかけになって貰えたらなお嬉しいです)
 
 みんなでDIYしたこのお住まいがさらに次の世代へと引き継いでいくためには
・メンテナンスしながら手を加えていくこと、手を加えられること。
・その技術があること。
・メンテ費用を積み立てること。
・大事にしたい、帰りたい家であること。
が大切になってきます。傷を付けないように気を遣って住む家ではなく、どんどん使い込んでも手入れができる家。そんな家がいいなーと私は思っています。
 
 まだまだDIYは続きますー。
 お兄ちゃん、夏休みの宿題、終わらせないとね(笑)