ZERO STAFF BLOG

2019.02.04ワークショップ

革スリッパづくりに没頭!

阿部 梢

こんにちは。企画広報のアベです。

遅ればせながら、1/13㈰に開催した、革スリッパワークショップの様子をお伝えしたいと思います😊

零では、ものづくり、手づくりの楽しさと豊かさを皆さんと一緒に味わいたい!ということで、

ものづくりワークショップを定期的に開催しています。

昨年は、すまい手さんに講師になっていただいた

□ハーバリウムワークショップ

□クリスマスリースづくりワークショップ

などがありました。ご参加くださった皆さん、ありがとうございました😊

 

2019年の初回ワークショップは、「革スリッパづくりワークショップ」!

仙台市青葉区大町で工房を営んでいる、「注文靴屋カルツ」の赤松さんに講師をしていただきました。(赤松さんは、一緒にお米づくりをしたり、写真撮影にご協力いただいたりと、大変お世話になっています😌)

赤松さんにご協力いただいた写真はこちら。(モデルハウス「杜そだつ家」ページへ)

零の家のすまい手さん中心にお集まりいただき、スリッパづくりがスタート。

好きな色味の革を選び、糸の色を選び、製作していきます。

足の甲の部分の革をカット。

この日は、参加者皆さん茶色をチョイス。一番使いやすい色ですものね。

自分で好きな文字を組み合わせてスタンプ。Eさんの4男坊が、よだれをつけちゃいました。

糸の色は人によりけり。白だとステッチが差し色になって目立ち、同系色だとなじんで落ち着いたトーンに。

自分だったら何色にしようかな。

自分たち好みにつくることができるのも、手づくりならでは。ですよね♪

穴あけをするお母さんのお手伝い中。いい表情です◎

あとはひたすら、チクチク針仕事。それぞれのペースで縫い進めます。

お子さんが4人いるEさんは、「一人だけで何かに没頭できる時間が嬉しいなあ」と話してくれました。少しばかりでしたが、安らぎの時間になっていたらいいな。と思います。

手づくりでものづくりすると、そのときの思い出も含めて、愛着がわきますよね。

革は使い続けると、ツヤが出てきて、色味が深く濃く変化していくそうです。なんだか無垢の木の床みたいですよね。

 

またワークショップを企画していきたいなと思います!ぜひご参加下さい😊

さて、今週末も、ワークショップイベントがあるのです。


薪ストーブ料理が得意な零の家のすまい手さんに、薪ストーブの使い方、楽しみ方を教わります。

先日取材でお邪魔した際、ごちそうになっちゃいました。

とっても美味しく、感動しました…

薪ストーブユーザーさんも、薪ストライフを少し体感してみたい方も、ぜひご参加下さい☆

すまい手さん宅をお借りするので、組数が限られます。お申込はお早目に…

新シリーズ!すまい手先生のワークショップ「薪ストーブライフを楽しもう」