ゼロダヨリ/暮らし人

人が暮らしをつくり、暮らしが人を育む。
シリーズ「零の家の暮らし人」。

eps.20 あるもの探しで豊かに暮らす

自然とつながる外と近い家

長雨の続く中、束の間の晴れ間が出た7月のある日。青葉区双葉ケ丘の坂の上に建つS様邸を訪ねた。自然石敷きのアプロ ーチを抜けると、雑木林のような背の高い木々に囲まれたすまいが出迎えてくれた。

ここに住むのは、Sさん夫婦と、生まれて2ヵ月のRくん。趣味は登山と話す夫婦の家づくりの希望は、自然の中で暮らしたい、という思いだった。住宅街でありつつ、台原森林公園もほど近く自然も感じられる双葉ケ丘に居を移すことを決めた。「寝室からの景色が良くて!朝起きて窓からの景色を見る時間が贅沢なんです」と話してくれた。

 

日課の野良仕事が毎日の活力に

現在育休中の奥さまの楽しみは、庭と畑のパトロ ール。力強いスギナを抜いたり、畑の土いじりが日課になっている。キュウリとトマトを育てている小さな畑の傍らに、カキの殻が積んであった。「1つ58円で安売りしてて、せっかくだから畑の肥料にしようと思って、雨ざらしにして塩分を抜いているところです」と教えてくれた。
すまいの南西をぐるりと囲む、軒下のウッドデッキを、ふたりは“ 縁側”と呼んでいる。気軽に室内外に出入りできるため、奥さまは玄関よりもよく使っているそう。天気の良い日は、Rくんを布団こと縁側に出して、庭仕事をする。「布団も干せて、子どもも外の空気に触れさせてあげられる。一石二鳥ですよね」と、奥さまがニコリ。

 

子どもも木々ものびのび育て

生まれて2ヵ月を迎えたばかりの我が子には、 夫婦が好きな山にちなんで、 稜線の「稜」の字を使って名付けた。そんなRくんのお気に入りは、吹き抜けの上にあるシーリングファン。くるくる回ることから「メリーさん」と名付けた。ぐずった時でも、無邪気に指さしをして、夢中な顔を見せてくれた。
庭の芝生は、自分たちで手植えをした。「うちは基本的に放置型。できる範囲で雑草は抜くし、芝が長くなったら芝刈りするけれど、育ちたいように育ってくれ!と思っているんです。5年1 0年かけて、素敵な庭になっていけばいいなと思ってます」と話してくれた。
Rくんの成長についても、庭の木々と同じように考えている。「元気でいてもらえればなんでもいいかな。すぐ自室にこもってほぼ顔を合わせない、なんていうのは嫌だなと思ったけど、この家はオープンな間取りだから心配無用かな」と、ご主人が優しく笑いながらRくんを眺めていた。

 

あるもの探しで豊かに暮らす

Sさん宅の北側の敷地には、立派なモミジとツバキが根付いている。だんらんの間の窓からは、ちょうどその木々が借景となり、家族の時間を彩る。「もしお隣さんが要らないときは、うちの庭にもらいたいね」とつぶやいた。また庭には、種を蒔いた覚えのない赤しそや、タラの芽が自生している。「妊娠中は食べなかったけど、今度みつけたら食べたいな」。
気持ちよく暮らせているのは、周りの景色や自然のおかげ。そう思うことが、心地よく日々を過ごしていくコツなのかもなと思いながら、S様邸を後にした。

家の南西をぐるりと囲むウッドデッキ、通称"縁側"でだんらんするSさんご家族。

家の模型には、会津の起き上がり小法師が。

夫婦で日本百名山のひとつ、福島県の 「安達太良山」に登った時の写真。

使い方は無限大

家にいる時間の長い奥さん。ご主人に対し、家の今後についてプレゼンを繰り返しているそうだ。2階に本棚を置きたい、寝る前のだんらんスペースをつくりたい、登山気分になれるように、家の中にテントを張りたい・・・・・・。「作り込みすぎず、その時々で変えていける家。だからこそ、ああしたい、こうしたいと考えるのが楽しいです」と話してくれた。

縁側から庭を望む。もっと畑を広くしたいという思いはあるが、自分たちのペースで進めていきたい、とのこと。

採れたてのキュウリと背比べ。キュウリは味噌マヨネーズで食べるんだって。

2階にお風呂と洗濯スペースのあるS様邸。洗濯物は板張りで目かくしされたバルコニーで干し、そのまま2階のWICへ仕舞うごとが出来る。

シンプルな構造と間取りでスッキリ暮らす

学生時代に建築を学んでいたご主人。無駄がなく、スッキリとした構造と間取りが好きで、零の家を初めて見た時、「他とは違うな」と思ったそう。S様邸を担当した零の現場担当者とは偶然、大学、部活、さらにはお子さんの学年まで一緒。「ご縁ですかね」と笑う。

キッチン側から見渡す。家族がどこにいても存在を感じられるすまい。

「今日は暑くなりそうだったから、スイカの服なんです」と、Rくんの恰好を奥さまが茶目っ気たっぷりに説明してくれた。

この日はずっとご機嫌だったR君。一瞬だけ泣き顔に。

ご近所同士つかず離れず程よい距離感で

双葉ケ丘の住宅街には零の家が5棟建っていて、Sさんのすまいの2軒隣にも別の零の家が建っている。「近所にちょうど同じくらいの年代の子どもたちがいて、よく小さな自転車に乗って家の前まで来ます。大きくなったら一緒に遊べるかな~」と、将来の楽しみをのぞかせてくれた。

モミジの風景を切り取る窓。日常の風景でありながら、どこか絵画的。

庭に自生する赤しそ。飛んできたにしては、立派に育っている。

掃り際、改めて写真を撮った。久しぶりに顔を見せた晴れ間。緑の色彩が際立つ。Sさん家族が、Rくんの成長とともに、健やかな毎日を過ごしていきますように。

DATA

所在 / 青菜区双葉ケ丘
竣工 / 2019 年 4 月
設計 / 江本智彦(一級建築士)
構造 / 在来工法
敷地面積 / 111.04坪
延床面積 / 34.29坪