暮らし人
eps.special 森の親子ようちえん

eps.special 森の親子ようちえん

自然の中の それぞれの時間

馬やヤギとのふれあいをはじめとして、夏は川遊びや虫取り、冬は氷の研究やそりすべりと、季節それぞれの自然を遊ぶ。汚れたら薪ボイラーで沸かした露天風呂で洗い流す。泉ケ岳ゼロ村では月に1度、「森の親子ようちえん」を開催している。

「子どもを自然豊かな環境で思いっきり遊ばせたい」という想いから参加者はやってくる。ここでは思い思いに自由に遊ぶことができるが、親に対して1つだけルールを設けている。それは『指示語・禁止語を使わない』こと。このルールのもとで過ごす中で、大人の目線や立ち振る舞い、子どもとの関わり方にたくさんの気づきがあるようだ。

 

不便だからこそ 得られる喜び

調理や暖房に必要な火を熾すことから一日が始まる。整った設備が用意されているわけではないゼロ村の環境に、大人も子どもも悪戦苦闘。マッチ3本で一度に擦ってみる。マッチに火を点ける人と風除けの人で役割分担をする。紙を入れるとごおっと燃えることに気づく。子どもたちの柔軟な発想や工夫に驚かされることも多い。  普段なら「危ない!」と止めてしまう行動も、あえていつもとは異なる環境のゼロ村で見守ってみる。擦りむいて痛い思いをするのも、危険との距離感を知ることも、子どもにとっては大切な体験のひとつ。子ども同士の衝突も、この場では親同士の共通認識があるから、大きなまなざしで様子を見守ることができる。

 

大人同士で 分かち合う想い

「子どもが楽しいだけではなく、親も気づきの多い場所であってほしい」と、牧場長の平井さんは話している。親子ようちえんに初めて参加したHさんご家族。川や池にずんずん入っていく子どもを、「着替えを持ってきていないから入っちゃダメ!」と止めてしまった。その後、子どもがしたいようにさせてあげたかったなと、反省したのだそう。2回目は、いくら濡れてもいいように、10着分も着替えを持ってきた。この日は、「(川に)落ちろ~!」と思えるくらい、我が子のイキイキとした姿を楽しめたという。

 

気づき、関わり、成長していく

2年前から親子ようちえんに参加するAさんは、「我が子には自分で考えて行動できる子になってほしい、と思いながら、実際は親の価値観で余計な助言ばかりしているのかも」という気づきがあったという。「子どもが何を伝えたいのか考えるようになったら、子どもも親の言葉をちゃんと聞いて、気にしているんだな、と分かるようになったんです」と話してくれた。子と子、親と子が関わり合って、“人”として成長していく。そんな気づきのきっかけや、小さな一歩を踏み出すお手伝いを、森の親子ようちえんは大切にしていきたいのかもしれないな、と感じた。

Data

ゼロ村牧場パカラッチョ‼  /  所在:泉区福岡字森下12  /  Tel : 022-778-3645   /  Mail : paca@zerocraft.com

その他の暮らし人

暮らし人一覧へ戻る