ゼロダヨリ/暮らし人

人が暮らしをつくり、暮らしが人を育む。
シリーズ「零の家の暮らし人」。

eps.00
家族の時をため込んだ、
築8年の大屋根の家を訪ねて

家族の時をため込んだ 築8年の大屋根を訪ねて

前々日からの雪が残る1月に、築8年の大屋根のすまいを訪ねる。日曜ということもあり、ご家族全員で迎えてくれた。「雪の日もいいですね。」「そう。庭も片づけてないまんまだったから、雪でかくれて助かった」。そんな飾らない会話が嬉しい。  室内に入ると、そこは穏やかで暖かな空気に充ちていた。薪ストーブの中に置き火はあるものの、それだけじゃないな、そう思った。  ご主人は、格子の窓辺に腰を下ろし、奥さんは、通り土間の台所で、さっそくお茶を入れてくれた。

繋がること。 光、風、こころ

新築当時のことや、子育て話に花が咲く。テーブルを挟み向かい合うご主人。そしてカウンター越しの奥さんと繋がるやわらかな視線が心地よい。  この家もまた、横に、縦に、斜めに、空間が広がっており、光や風、そして心までをも通わせてくれているようだ。南の窓からは深い軒の出をかいくぐってきた冬の陽射しが、やさしく降り注いでいた。

 

伸びやかに、あなたらしく 大きくなあれ

奥さん曰く「真逆の性格」だ という兄弟は、今11歳と6歳。 新築当時、下の子は生まれても いなかったのだ。すまい手さん のお子さんの成長には、いつも 驚かされてしまう。そしてお腹 の中がじんわりとあたたまるよ うに嬉しくなってしまう。  吹抜け階段を昇りきり、2階 の共有ホールの先に見えるのが、 二人の子ども達のスペース。今 は開けっ放しのことが多い2枚 の引き戸は、いつかそれぞれの 部屋の専用扉となり、一つだっ た空間は、造作の本棚や簡易的な壁で仕切られることで、二つの部屋に姿を変える。そんな日が訪れることも、なんだか愛おしい。

素朴で機能的な台所。役割を持った道具たちが、自分の出番を心待ちにしているよう

2階共有ホールにあるL型カウンター。今は奥さんのミシンスペースに

玄関から繋がる通り土間は、納戸、台所を経て、勝手口、そして庭へと抜ける。プロパンガスの手づくりの囲いは、“ボンベを隠すこと”を目的にしているのではなく、ご家族の“おもいやり”のようなものなのかもしれない。

庭の木々も家族で毎年植えたもの

キッチン越しの母親のまなざし

階段下から大屋根の空間をのぞむ

寒い冬も、暑い夏も、薪運びは子ども達の仕事。そこには〝エアコンのスイッチ〟や“灯油運び〟にはない豊かさがある。薪ストーブはそんな日常の中に、暮らしの根っこを育んでくれているのかもしれない。

DATA

敷地面積:150.97坪(500.09㎡)/ 延床面積:35.06坪(116.13㎡)/ 構  造:手刻みによる木組み / 設  計:小野幸助一級建築士 / 所  在:白石市