暮らし人
eps.23 生活が趣味になる家

eps.23 生活が趣味になる家

山積みの薪と笑い声に迎えられ

晴れた昼下がり、通りの角に建つH様宅の前まで来ると、にぎやかな声が聞こえてきた。1月中旬にもかかわらず、窓を開けていたからだった。「冬でも日中はカーテンを開けていれば、室温が24°とかまで上がるんですよ!片付けしながら暑くなっちゃって」と、Hさんご家族が笑顔で出迎えてくれた。
Hさん夫婦の共通の趣味はキャンプ。家族でアウトドア用品店のWILD-1に行った際、零と出会った。もともと薪ストーブに興味があったこともあり、「WILD-1でイベントをする会社なら自分たちにピッタリかも!」と思い、家づくりが始まった。

 

五感で感じ取る木の家の心地よさ

「打ち合わせから帰って子どもを抱っこすると、ふんわり木の匂いがしたんです。それがなんだか嬉しくて。モデルハウスに宿泊させてもらった時も、すごく暖かかったし、子どもたちがのびのびして元気だった。ああ、この家なら、楽しく暮らしていけそうだと思って」と奥さんが話す。
土地探しは、「夫婦の職場にアクセスしやすく、かつ自然が豊かな場所」といったイメージを伝え、担当者と一緒に検討していった。零の担当者は「星がきれいに見えます」「川のせせらぎが聞こえます」など、ユニークな視点で土地を提案。「少し天然というか、その温度感が私たちには心地よかったです」と笑う。

 

「お父さん、かっこいい!」

H様邸は、家の各所で使われているキャンプ道具が印象的だ。「キャンプにあまり行けないので、道具だけでも日常的に使いたくて」とご主人。だんらんの間には人数分のキャンプ椅子、キッチンには手動のコーヒーミルやステンレスマグが並ぶ。「子どもに、キャンプ道具がほしいとサンタさんに言ってほしいんです。そうしたら一緒に使えるでしょう」と笑顔を覗かせた。
年末年始は、奥様の実家で薪づくり。ご主人が黙々と作業に没頭する姿を見て、義父から「ありゃ趣味だな」と言われたそう。「なんでも便利になって、エネルギーも食べ物もすぐに手に入る時代だからこそ、薪を自分でつくって、『お父さんかっこいい!』って言われたいんですよね」とご主人。「自分でつくった薪が薪棚にいっぱいに積み上げられているのを見ると、心がホクホクして満たされる」と話してくれた。

 

自然に暮らしが寄り添って

今の暮らしについて聞いたところ、「夜ちゃんと眠くなって、朝は自然と目が覚めるのが嬉しい」と奥様。「星空の美しさや、晴れの日の気持ちよさを感じて暮らしています。目覚めのコーヒーが美味しいです」とご主人が話してくれた。長男のR君は、家を建てた大工さんに「おうちをたててくれてありがとう」と言ったそう。この家で、これからものびのび育っていってほしい。

Data

所在/仙台市青葉区
設計/江本 智彦(一級建築士)
敷地面積/60.49坪
竣工/2019年10月
構造/在来工法
延床面積/36.75坪

その他の暮らし人

暮らし人一覧へ戻る