ゼロダヨリ/暮らし人

人が暮らしをつくり、暮らしが人を育む。
シリーズ「零の家の暮らし人」。

eps.special  森の親子ようちえん

自然の中の それぞれの時間

馬やヤギとのふれあいをはじめとして、夏は川遊びや虫取り、冬は氷の研究やそりすべりと、季節それぞれの自然を遊ぶ。汚れたら薪ボイラーで沸かした露天風呂で洗い流す。泉ケ岳ゼロ村では月に1度、「森の親子ようちえん」を開催している。「子どもを自然豊かな環境で思いっきり遊ばせたい」という想いから参加者はやってくる。ここでは思い思いに自由に遊ぶことができるが、親に対して1つだけルールを設けている。それは『指示語・禁止語を使わない』こと。このルールのもとで過ごす中で、大人の目線や立ち振る舞い、子どもとの関わり方にたくさんの気づきがあるようだ。

 

不便だからこそ 得られる喜び

調理や暖房に必要な火を熾すことから一日が始まる。整った設備が用意されているわけではないゼロ村の環境に、大人も子どもも悪戦苦闘。マッチ3本で一度に擦ってみる。マッチに火を点ける人と風除けの人で役割分担をする。紙を入れるとごおっと燃えることに気づく。子どもたちの柔軟な発想や工夫に驚かされることも多い。  普段なら「危ない!」と止めてしまう行動も、あえていつもとは異なる環境のゼロ村で見守ってみる。擦りむいて痛い思いをするのも、危険との距離感を知ることも、子どもにとっては大切な体験のひとつ。子ども同士の衝突も、この場では親同士の共通認識があるから、大きなまなざしで様子を見守ることができる。

 

大人同士で 分かち合う想い

「子どもが楽しいだけではなく、親も気づきの多い場所であってほしい」と、牧場長の平井さんは話している。親子ようちえんに初めて参加したHさんご家族。川や池にずんずん入っていく子どもを、「着替えを持ってきていないから入っちゃダメ!」と止めてしまった。その後、子どもがしたいようにさせてあげたかったなと、反省したのだそう。2回目は、いくら濡れてもいいように、10着分も着替えを持ってきた。この日は、「(川に)落ちろ~!」と思えるくらい、我が子のイキイキとした姿を楽しめたという。

 

気づき、関わり、成長していく

2年前から親子ようちえんに参加するAさんは、「我が子には自分で考えて行動できる子になってほしい、と思いながら、実際は親の価値観で余計な助言ばかりしているのかも」という気づきがあったという。「子どもが何を伝えたいのか考えるようになったら、子どもも親の言葉をちゃんと聞いて、気にしているんだな、と分かるようになったんです」と話してくれた。子と子、親と子が関わり合って、“人”として成長していく。そんな気づきのきっかけや、小さな一歩を踏み出すお手伝いを、森の親子ようちえんは大切にしていきたいのかもしれないな、と感じた。

続く

eps.7
ありのままを慈しむ

「食」がつなぐ 暮らしのかたち

強い冷え込みが少しだけ和らいだ2月の昼過ぎ、泉区の西中山に建つ8年目の零の家を訪ねた。総2階のその家は、家族のすまいとしての顔と、食のアンテナショップ「ヤマナカマルシェ」としての顔を併せ持っている。

続く

eps.6
里山の小さな暮らし

憧憬の向こうへ
初冬の朝、泉区郊外に里山の暮らしを訪ねた。姥懐(おばふところ)の名の通り、東西を山の裾野に抱かれた、どこか郷愁を覚える場所だ。このところの冷え込みのせいで、辺りの田畑には霜が降り、日の出の時を今か今かと心待ちにしているようだ。ここは、建築工房零専務自邸。家族4人と、犬の”おこめ”、ヤギの”だいず”が暮らしている。

続く

eps.5
炎が繋ぐ家族の絆

家族みんなの お気に入り

凛とした澄んだ空気と、空を舞う雪虫たちは、この土地にも冬の訪れを知らせてくれているのだろうか。心地良い太陽の光がそんな空気を温めるかのように力強く感じた一日だった。青葉区のKさん宅を訪れると、薪ストーブ、空気集熱式ソーラーシステム「そよ風」、ダイレクトゲインの力で、室内は春のような陽気に包まれていた。着ていたフリースをたまらずに脱いでしまうほどだった。

続く

eps.4
一杯のコーヒーから

喫茶店のような 空間を再現

雨続きの夏が終わり、澄んだ空気が、足早な秋の訪れを教えてくれた9月、太白区の高台に建つ零の家を訪れた。南側の眺望が心地良く開放的なすまいは、高低差のある変形地に建つ。1階と2階を繋ぐ階段の中腹に玄関がある、特徴のある間取りだ。

続く

eps.3
あの日から…

震災を乗り越えた 零の家

雨続きで、夏らしくない日々が続いた8月。石巻のTさん宅を訪ねた。 Tさんは東日本大震災の半年前、石巻に零の家を建てた。それまで住んでいた北上川の中州に建つアパートは津波に流され、大破していたそうだ。幼子と奥さんを家に残し、家づくりのタイミングがあと半年遅れていたらと思うと…。

続く

eps.2
農と食で未来をつなぐ

農の未来を 食で繋ぐ禾食や

田んぼの緑が風に波打つ7月。自宅で「禾食や」を営むSさんご家族を訪ねた。5年ほど前に完成した零の家は、県内でも人気のタルト、キッシュのお店としてだけでなく、地域のよりどころとして欠かせない存在となっている。

続く

eps.1
小さな命が育む暮らし

小さな命が育む 心の成長

夏のような陽射しが照りつける6月中旬。「なかなか雨降らんね~」とすまい手のOさんが快く迎え入れてくれた。福岡県糸島市の出身。『博多弁』の絶妙な言葉遣いやイントネーションが同じ九州出身の私を心地良くさせてくれる。

続く

eps.00
家族の時をため込んだ、
築8年の大屋根の家を訪ねて

家族の時をため込んだ 築8年の大屋根を訪ねて

前々日からの雪が残る1月に、築8年の大屋根のすまいを訪ねる。日曜ということもあり、ご家族全員で迎えてくれた。「雪の日もいいですね。」「そう。庭も片づけてないまんまだったから、雪でかくれて助かった」。そんな飾らない会話が嬉しい。  室内に入ると、そこは穏やかで暖かな空気に充ちていた。薪ストーブの中に置き火はあるものの、それだけじゃないな、そう思った。  ご主人は、格子の窓辺に腰を下ろし、奥さんは、通り土間の台所で、さっそくお茶を入れてくれた。

続く