ゼロノワ不動産ブログ

2019.05.10

断捨離できない事情。

連休も終わり、通常の生活に戻ってまた週末。

なんか疲れたー という方、

仕事をしているほうが元気! という方、

やっと学校や会社に行ってくれた! と家でホッとしてる方。笑

 

この連休、いろんな過ごし方があったかと思いますけれど

TVで見ていたら「大掃除します」なんていう心清き方も!

(゚o゚;;

 

普段の掃除もままなっていない高山は、穴があったら・・・という気持ちにもなるのですが

掃除、片付けと言えば、「断捨離」なんて言葉も流行りましたね。

 

モノって本当に、自然に増殖してるのかな? と思うほど増えますね。

↑がーーーん。片付け中に邪魔されるの図。

 

私は、大好きな本はなかなか捨てられませんが、それ以外、特に自分のものじゃないモノは、ガンガン捨てられます。笑

 

一番増殖して嫌なのが、プリント類。

今は便利な世の中になったので、必要なものはスマホでパシャっとしちゃいます。

そしてどんどん資源に。会社でもそうしたいのですが・・・

 

じつは。

 

不動産事業部はなかなか断捨離できません。

 

それは、宅建業法第49条で、定められているからです。

 

宅建業法による取引終了後、事務所ごとに備え付けられた帳簿(一般的に取引台帳などと呼びます)に、国土交通省令で定めた事項を記載。最低でも取引のあった年度の締めから5年間(取引の内容によっては10年)保存しなければならないと決められていて、データでの保存も認められているものの、やはり原本を残しておきたい重要な資料も多く・・・

 

結果、めでたくご成約!   となればなるほど、重要な書類も増えていくわけですね。

 

 

取引台帳が厚さを増すのは、少しでも多くの方のお手伝いができた証でもあり喜ばしいこと。書類が増えがちな事業部だからこそ、日々の整理、要らないものの選別はこまめにやっていかなければなーと、思うのでした。

 

 

高山  裕佳