ゼロノワ不動産ブログ

2019.03.16

どんなことをしているの? ~3.セミナー・研修会参加~

「世の中にはこんなに学ぶ場があるんだ!」と驚くほど、セミナーや研修会というのは行われています。

そういったところへ参加することは様々な変化に対応するために、欠かせません。

自分たちの知識不足が皆さまの不利益につながる恐れもありますから、知識の習得・情報収集はとても重要です。

 

私が参加させていただいた研修会等で最近一番多いなと思うテーマは「民法改正」です。

120年ぶりの民法大改正ということでニュースでも大きく取り上げられましたが、いよいよその施行が来年、2020年4月に迫ってきています。

不動産の取引においても、実務上、これまで以上に契約書の文面に注意したり、確認や説明をさせていただく項目が増えたりと、知らなければのちのトラブルになりかねないこともいくつかあります。

 

それに、「消費増税」も予定されていますよね。(いやですね・・・)

税金に関して具体的なアドバイスをするのは専門家(税理士)でなければならないと法的に決まっています。が、税法の条文や基本通達など、公表されているものを紹介・案内することは違反になりませんから、知識として仕組みを理解することはお客さまの悩み解決につながることもあり、重要です。

 

そして一番は頻繁に一部改正がある「宅建業法」について。

これをしっかり把握しておかないと、説明の必要があるところを落としたり、文言に不備があったりと様々な問題が起こります。

土地にしろ建物にしろ、その調査はとても大切ですが、その結果を適切に契約書などに反映させることも同じくらい大切。

 

ほかにもさまざまな研修会に参加する機会があります。

ときには「不動産の!」という内容ではないものもあります。

しかしどんなセミナーでも得ることはたくさんあり、「自分だったら」「不動産だとしたら」「零だったら」など、視野を広く、吸収することに貪欲でありたいものです。

 

 

 

 

 

学びの場を与えていただけることに感謝しつつ、得たことを確実に実務に生かせるように! と身の引き締まる思いで参加をしています。

 

子どものときから、「勉強」と名の付くものが結構好きでした(変態と言わないでください)

いまでも、一番よく見る夢は「学校」の夢です。

いつまでも学び続けていきたい。

これからもどんどん、チャンスある限り参加したいです。

 

 

高山 裕佳