キッチンの設計

キッチンはリビングなどと違い、作業をする空間に分類されますが、その作業系空間の中でも一日の中で比較的多くの時間を過ごすのがキッチンです。使いやすく心地よい設計が望まれます。

キッチンのスタイルは大きく3種類に分けられます。


①オープンキッチン

壁際にキッチンを設置。調理する人は空間や他の家族に背中を向けることになり、また、キッチンと壁際に寄せることによって、台所内に大きなスペースを確保することできます。


②対面(カウンター)キッチン



調理する人はダイニングテーブルの家族と作業中も顔を合わせて会話が出来ます。
背面に収納や冷蔵庫スペースを設けることができ、作業性が向上します。


③アイランドキッチン

キッチンが壁に接することなく単独で存在します。
対面キッチン同様、家族に向かって作業をすることが出来ます。
キッチンの周りを歩くことが出来るので、回遊性があるが、比較的大きなスペースを必要となります。


家族のつながりを重視されるようになった最近は零に限らず、対面キッチンに人気が集まります。

ある程度の目隠しとつながり、作業性とデザイン、時として相反する矛盾を解決するポイントがいつくかあります。

①カウンターの高さ。

食事の準備に使用した調理器具などを洗い終えてから食事、ではせっかくの食事も冷めてしまいます。しかし、食事の時に汚れた鍋が丸見えでは切ない。
その為にはある程度のカウンターの高さで隠す必要があります。
しかし、あまり高すぎるとせっかくのキッチンとダイニングのつながりが切れてしまいます。
ちょうど良い高さは1000~1100mm。

また、内装制限の問題が解消できれば、カウンター上の垂壁や吊戸棚がないほうがキッチンとダイニングを分断するイメージになりにくくなります。

②背面との奥行き

背面収納は作業スペース、電子レンジなどを考えると600mm程度の奥行きは欲しいところです。同様にキッチンも650mm程度有り、そこで作業中の人の後ろを通れるくらいの900mm程度の作業スペースを取ると全部で7尺5寸(=1.25間=2275mm)程度になります。

一間(1820mm)ピッチでのグリットで設計した場合はちょうどブーツタイプの換気扇カバー前面が梁の面にそろうくらいになります。

キッチンの設計一つで調理する人と家族の距離が近くなります。
極端に言えば、子供の成長にまで大きな影響を及ぼすでしょう。