くらしに込めた想い   建築工房零の手掛ける、街並みづくりプロジェクト。 「杜-もり-」とは、そのまちに暮らす人々が協力し合い、育んでいく豊かな緑のこと。 区画内には、緑の小径(こみち)や広場などを設け、杜のある健やかな暮らしをデザインしていきます。 子どもたちのことは、みんなで声を掛け合って成長をゆっくり見守っていこう。 冬になったら、雪かきついでに雪だるまを作って、クリスマスはみんなで木々の飾り付けを楽しもう。 そんな緑がつなぐ、豊かなコミュニティーをデザインする「杜くらし」。            

「おもしろいし、ねのしろいし」

  零のまちづくりプロジェクト第一弾は、泉ヶ岳の麓にある、根白石山田原。

  仙台駅から車で30分ちょっと、泉中央駅から車で15分。

  泉ヶ岳に向かう道すがら、山懐にひょっこり隠れた街がある。

  かつて仙台のあちこちにあった、丁寧でノスタルジックな里山のくらしが残る場所。

                                                  google mapはコチラから         件概要                    根白石小学校:徒歩15分     開校144周年(明治6年開校)を迎える、   仙台市内唯一の木造校舎の伝統ある小学校。   校舎は,地元の大工、地元産の木材で作られ、   建築には根白石村の2年分の予算が投入されたという。   当時も今も町のシンボルです。       根白石村名起因の石   根白石の名前の由来になった石。      源頼朝がその昔に、白い大鹿を矢で捉えたと思い近づいてみたら    「根の白い大石」だった上に、その石が大変美しかったことから    根白石(旧:根白石村)と名付けられました。             麺や ねっこ   知る人ぞ知る、根白石の名店。      根白石在住で零スタッフの山﨑のオススメは、    「焼肉」と「ラーメン」。何を食べても美味しいと太鼓判をおす。      不定休なのでご注意を。                  明日の湯温泉   「幼稚園の庭から温泉が湧いた」と話題になってから二十余年。      源泉かけ流しの良質な泉質が、心と体を癒やします。                高長商店        食料品、日用品から衣類や教科書までを取り扱っている、      根白石には欠かせない、地域に根づいた商店です。