Home 技術の部屋 断面計画①

断面計画①
 
 
① 家をつくるにはまず、屋根の形を計画する。
北側斜線、美しさ、道路からの見え方、室内・・・
様々な条件を元に計画する。
②次に、屋根の下地である母屋の位置を計画。
基本的に一間(1820mm)ピッチで母屋を配置する。
 
③母屋の位置が決まるとその母屋を支える梁の位置を計画する。
一間(1820mm)、または一間半(2730mm)で梁を配置する。
  ④梁の上に束を配置して母屋を支える。
⑤必要に応じて二重梁をかける
 
合理的な間取りをつくるにはこの屋根の構造をイメージしながら母屋と梁のマス目の中で設計をする。
構造と間取りとは常に密接に連動しなければならない。

 
 
01658895
建築工房零 お問い合わせ専用フリーコール0800-222-2015(8:00-18:00 水曜定休)