2018.02.01

エネルギーを自分たちの手の中に取り戻す。

お疲れ様です。
疲れてないけど。

オノです。

36歳にしてフットサルを始め、今年41歳でスノボを始めた元スキー部です。

息子とソウルマウンテンの泉ヶ岳に行って、帰りはスパ泉ヶ岳で温泉です。
宮城県中小企業家同友会・地球環境委員会の仲間で薪ボイラーをつけた温泉です。

お風呂に入る前に息子と少し薪を足して来ました。
燃やした分だけ海外の地面の下の重油の使用量が減り、地元の森のエネルギーが使われます。
今月は現時点で重油換算166リットル分燃やしたようです。

今回は建築の廃材がまだあったのでそちらを燃やしたけど、基本は近場の森のエネルギーで燃やします。

当たり前に自分たちの手の中にあるエネルギーで暮らす。
そんな社会に少しでも近づけていきたいです。

 

おしまい。