注文住宅

伝統の技を活かし、未来につなげる大工職人による手づくりの家、それが木組みの家。日本の気候風土になじみ、木と木を組んでつくられる丈夫な骨組みは、幾度となく起こる地震にも耐え、長い年月を支えてくれます。力強くも美しい梁の下で営まれる家族の暮らしは、自然への畏敬、伝統への誇り、そして、大きな安らぎと寛ぎに満ちた時間をもたらしてくれるでしょう。
ゆっくりと丁寧に、家族の時間をためていく、
それが[時の宿る暮らし・刻む家]です。

私たちは「自由設計」といった言葉に違和感を覚えます。それは、零では当たり前になっている設計理論や、お客様の“注文”の元にある“価値観”の共有にまで及ぶ設計作法からくるものでしょう。また本来、設計とは“構造と間取りとデザイン”の素直な関係の上に成り立つものであり、間取りだけを切り離して自由にするべきものではないからです。
私たちは、設計の大切さを思います。そして、常に真摯な態度で向き合います。
零の家の設計理論と哲学が流れる、プレカット在来工法の家づくり、それがZEROSTANDARD“設計住宅”です。