Home 家づくり お金の話

お金の話

■わたしたちがつくる木の家は、“こだわりの”嗜好品ではありません。
“普段づかい”の木の家です。

私たちは、「本当にいい家」こそ、みんなが建てられる家であるべきだと考えています。そのためにいくつかのことに取り組んでいます。
例えば、営業経費・間接経費を極力かけないこと。営業マンにいたっては、手づくりの家づくりにおいて、その役回りがかえってマイナスに働くことへの危惧もあり、一人もいません。巨額の 経費のかかる展示場もつくりません。このホームページやリーフレット、冊子類もできるだけで自分たちで、デザイン、撮影、文章書きを行なっています。もちろんプロに頼んだ方が合理的だったり、経済的だったりする場合もあるので、総てではありません。自分たちで作る方が、自分たちの想いも伝わるような気がするので、そうしています。


次に設計。私たちは、使い勝手やデザインだけでなく、常にコストも頭に入れて設計をしています。そうするこで、より合理的で無駄のない、構造・間取り・デザインを考えることができるのです。


さらに、材料。なるべく部材を統一し、同じ部材をいろいろなところで使用します。余った材料と足りない材料が同じなので無駄に発注する分が減るのです。余った材料のゴミも減ります。また、節のある木、構造上支障のない割れのある木を積極的に使います。重要なのはその節のある木をどう美しく見せるかです。


お預かりする大切なお金です。そのお金は、テレビCMや、点在する展示場、豪華なパンフレットのためにではなく、建て主さんの家づくりのために使うのがあたりまえだと思うのです。


■わかりやすい坪単価では、わたしたちの家は建ちません

私たちのつくる家は、プラン・規格・仕様が統一化された建物ではないため、坪単価計算は成り立ちちません。そのため、わかりにくいとの声も確かにあります。しかし、仮に、私たちが坪単価の家づくりをするとしたら、前もって余計にいただくか、あとで追加でいただくか、もしくは、坪単価に含まれないものについては、一切お断りするかしかないのです。
私たちは、必要な木材1本の値段までご提示します。そうすることが、私たちの家づくりにとって、最もシンプルで、何より誠実だと思うからです。


■安心して家づくりを楽しむための、「ご予算計画」のススメ

私たちは、プランや土地探しに入る前に、必ず全体の資金計画書と、建物以外の諸経費も含めた予算表を作成します。こうすることで、予算を明確にし、仮に変更・追加が必要な場合でも、柔軟に対応できるようにしているのです。
最終的な予算オーバーを招かないようにお手伝いさせていただくのも、家づくりの大切な仕事のひとつです。



*参考設計モデルケースプラン

リーフレット

リーフレット

リーフレット

打合せで使用する冊子

 
01812551
建築工房零 お問い合わせ専用フリーコール0800-222-2015(8:00-18:00 水曜定休)