Home 家づくり プランと設計

プランと設計

■ゆたかな暮らしのプランニング

構造と間取りとデザインの素直な関係私たちの家づくりでまず大切なのは、お互いのことをよく分かり合うことです。それぞれの、価値観、個性、生活、趣味、そして夢など、できる限り多くのことをお話ししたいと思っています。そうすることで、住まい手にとって、どんな家が幸せなのか、どんな暮らしを求めているのか、そのイメージが、頭の中で映像として浮かんでくるのです。
プランニングとは、その映像を、建築士として知識と技術の裏付けのもとに、カタチにしていくことですが、私たちはそれを、手描きでご提案します。暮らす人の体温や、空気のにおい、そこで交わされる会話までもが聞こえてきそうな、そんなプランです。


■構造と間取りとデザインの素直な関係

内部イメージ多くの人にとって、家づくりの関心ごとの中心は、間取りとデザインでしょう。しかし、本来、 間取りとデザインは単体で存在するものではなく、構造との相関関係にあるものです。構造を無視して間取りを決めデザインすることは家の強度を損ない、その上、余計なコストを生んでしまうことにもつながりかねません。
私たちは、住まう人の価値観、要望にあわせて、構造、間取り、デザインの合致点を探り設計します。この3つが素直な関係にある家は、丈夫で無駄がありません。また、見た目にもシンプルで気持ちが良く、不思議と暮らしやすい家になるのです。


■風と太陽、そして家族を感じながら暮らす家

私たちは、縦と横の空間のつながりをとても大切にしています。それは、風と太陽を暮らしの中に最大限に活かすためであり、いつも家族みんなを感じながら暮らすためでもあります。さわやかな風が家全体を通り抜けるようなに配置された窓、やさしい光が部屋の隅々にまで降り注ぐ吹き抜け天井、こうした設計が、健康的で、大らかな暮らしを可能にしていくのです。


■あえて決め込まない、曖昧で融通のきく間取り

曖昧で融通のきく間取り生活の変化に伴って、使い方を変えることのできる『可変性』も、設計の大きな特徴のひとつです。それは、つながりのある大きな空間を構成し、必要に応じて独立した部屋にすることのできる間取りや、収めたいものが変わっても、その役割をきちんと果たしてくれる造作収納などに生かされています。
住み継がれていく長い間に、家族も、暮らしも、その中のモノ達も、どんどん変化していきます。決め込まないということは、暮らし方の可能性を広げる、合理的で、賢い選択肢なのではないでしょうか。
 

■凛とした姿で、日常の中にたたずむ外観

凛とした外観「必要なものほど美しい」、私たちはそう考えています。見た目のためだけに、不必要なもので飾ることはしません。
外部に突き出した木組みの構造、日差しを調整し、外壁を雨から守る深い軒の出、塗り壁のゆたかな表情、耐震性や街並みの景観に配慮し高さを抑えた屋根。こうした、一つ一つの機能美を活かしながら、全体のフォルムをバランスよくデザインして生まれる「自然体のカッコよさ」が、私たちの家の自慢でもあります。


 

リーフレット

リーフレット

リーフレット

 
01711034
建築工房零 お問い合わせ専用フリーコール0800-222-2015(8:00-18:00 水曜定休)