Home 家づくり 社内自主検査

社内自主検査

役所の「中間・完了検査」、瑕疵担保保険の「基礎配筋検査」「構造検査」等の他に、
一般項目に加え、「零の家」ならではの仕様に合わせた、
様々な厳しい社内検査を自主的に実施しています。

検査後、手直しが必要な場合は、迅速に適切な手直しを行い、その確認をもって検査の合格となり、次の工程へと進みます。

検査で用いたシートは、検査結果、手直しの有無、手直し内容も含め、建て主さんへお渡しし、ご報告させて頂きます。 

 

1.構造材受け入れ検査  alt
(含水率計での測定)
柱や梁、土台などの構造用の木材について、納品時に行なわれる検査です。

寸法、数量、乾燥方法、含水率などの検査を行ないます。
この検査の合格後、大工職人による、
「墨付け」「刻み」作業が始まります。
 

2.丁張り検査  alt
(丁張検査)
基礎工事のはじめの作業である「やりかた」or「位置&高さだし」終了後に行われる検査です。

現場の丁張りをもとに、敷地境界線から丁張りまでの離れを確認したり、
あらかじめ定めていたベンチマークから丁張りまでの高さを確認などの検査を行います。

この検査の合格後に基礎職人による「掘削」作業が始まります。
 

3.基礎配筋検査  alt
(土間配筋の検査の様子)
捨てコン、立ち上がり配筋、外部枠終了後に行なわれる検査です。

間取りの確認、砕石転圧状況、水道先行配管、設定GL確認、土間配筋、立上配筋、凍結防止対策、水抜き穴確認などの検査を行ないます。
 

4.基礎検査  alt
(検査時の基礎の状態)
ベタ基礎の完成時に行なわれる検査です。合格後に、土台敷きが始まります。

コンクリ打継ぎ部の浸透水対策、空洞・亀裂、立上り部の高さと幅、ホールダウンの位置、アンカーボルト、矩手、通り、対角、レベル確認などの検査を行ないます。
 

5.上棟検査  alt
(上棟を終えた建物)
上棟、耐力壁施工後に行なわれる検査です。
 
建入れ、梁・柱のキズ、継ぎ手の隙間、土台・基礎の連結とレベル、2階地廻りのレベル、金物、くさび、込み栓、耐力壁、屋根断熱、防水シート等の検査を行ないます。
 

6.床材受け入れ検査  alt
(30mm厚の唐松の床板)
無垢の床材の受け入れ時に、行なわれる検査です。

寸法、数量、乾燥方法、仕上規格などの確認、著しい割れや欠損の有無、含水率計による含水率の測定などの検査を行ないます。
 

7.通気・外部下地検査  alt
(外部下地の検査の様子)
防水紙、外部胴縁、基礎水切り施工後、外壁施工前に行なわれる検査です。

基礎・面戸部の断熱、屋根・外壁・開口部・バルコニー・貫通部などの防水、外部胴縁、空気の流れ、ボイラー下地補強などの検査を行ないます。
 

8.断熱・内部下地検査  alt
(壁断熱材を吹き込んだ内壁)
壁断熱材の吹き込み完了後に行なわれる検査です。

壁断熱材(ロックウール、セルロースファイバー)の厚みや施工状況、内部銅縁の配置と寸法、枠の建て入れ精度や、外壁の釘ピッチなどの検査を行ないます。
 

9.木工事完成検査  alt
(木完検査時の様子)
木工事と、外壁左官、塗装工事の終了後に行なわれる検査です。

木工事部分のキズ、汚れ、墨残しと、床や継ぎ手のスキマ、外壁のクラック、塗り残し、サッシのキズなどの検査を行ないます。
 

10.完成検査  alt
(完成した建物内部)
仕上工事を含む全ての工事の完了後に行なわれる最終的な検査です。

住宅設備機器、電気機器、コンセント通電、床下排水漏れ、水道の水圧の確認と、外部・内部すべてにわたっての、キズ、汚れ、建具の動作、コーキング状況などの検査を行ないます。 

品質管理メンテナンスチーム
検査員:尾崎政和 吉田裕貴
alt
私たちが現在行なっている社内検査は、全部で
10回にわたり、項目にすると恐らく200を超える
でしょう。その中には、極めて基本的な項目か
ら、零の家特有の項目まで含まれます。

これらの検査を、1棟1棟、一つ一つ新たな気持
ちで積み重ねていくことが、何よりも大切だと思
うのです。信頼はしていても、前回問題なかった
としても、確認を怠らない、それがプロの仕事だ
と‥

 
01778402
建築工房零 お問い合わせ専用フリーコール0800-222-2015(8:00-18:00 水曜定休)