零の想い

買う家から、建てる家へ。
消費する家から育てる家へ。

かつて日本の住まいは地域によって異なる多様な気候と調和し、理想的な循環型社会を形成していました。地元の自然素材を熟練の職人が伝統的な工法で組み、建て主とふれあいながら共に暮らしをつくる……。

そんな家づくりのあるべき姿を零は取り戻します。
環境と調和した快適な家を。ただ売るのではなく、地域の一員として生涯お付き合いができる工務店へ。

わたしたちが、家づくりをする理由

今、日本の家づくりの主流は、ハウスメーカーと呼ばれる大手企業の家づくりです。文字通り、家を工業製品として大量につくり、商品として多くの人に販売することを目的としています。どこで建てても、だれが建てても、品質・価格とも一律でなくてはなりません。そのために、日本の家づくりは、大きく変わってしまいました。
扱いに知識と技術が必要な無垢の木は、集成材や合板、更には石油化学建材に取って代わられ、一本一本墨付けをし、手刻みで加工していた柱や梁を目にすることは本当に少なくなりました。工期短縮が最優先された現場では、工場から届くパーツを作業員がただ組み立てていくだけ。そこには、もう、職人としての技量や、人と人とのふれあいは見られません。
そうしてたくさんの家が、日本中にできました。でも、どうでしょう。その結果、私たちの心身に、日本の森に、そして地球に、何が起こったのでしょう。

私たちは、日本の家づくりを変えたいと考えています。そして、日本の森を、地球を、元のあたり前の姿に戻したいと考えています。それが、家づくりの原動力です。
「買う家」から「建てる家」へ、
「消費する家」から「育てる家へ」、
みなさんにも、あらためて家について考えてみてほしいのです。

家づくりのこころざし

近くにある自然のもので  
家をつくります。

地元の木を使い、森を活性化させる  
家をつくります。

消費型社会はキライです。大切に住み継げる  
家をつくります。

構造が顔に出る、素直でカッコいい  
家をつくります。

中身を隠さない、正直で合理的な  
家をつくります。

小さくても大らかに暮らせる  
家をつくります。

ほしいけど買えない家はつくりません。ほしいがかなう  
家をつくります。